会社などで働いている人には給料を支給します。
これは人件費ということにもなり会社として管理しなければならない費用にもなります。

勤怠システム情報サイトを活用しましょう。

給料の元になっているのは成果や労働時間となり、人を多く使えば成果を上げやすくなりますが、できるだけ少ない労働時間で成果を上げることができる方がいいのです。これら人件費ということから給料や法定福利費などを管理するためにはまず勤怠管理が必要になります。

教えて!gooを求める人にお勧めしたいサイトです。

勤怠管理というのは会社で働いている人の出勤、退勤、欠勤、遅刻早退、残業時間などの状況を把握します。
ひとつはきめられた勤務時間をきちんとまもって就労しているかという確認と支給額の変動要素となる欠勤や遅刻早退、残業時間などの状況を管理するということになります。勤怠管理は最近は自己申請を行う会社もあります。

また離れた場所に拠点があるような場合はネットワークなとを利用してシステム化する必要もあります。



勤怠管理システムではタイムレコーダーやネットワークを利用して個人ごとの出勤時間や退勤時間を収集することができます。
また勤怠管理システムにて収集した時間から自動的に遅刻早退や残業時間なども計算することができます。

勤怠管理システムから給与計算システムのほうへこれら勤務における労働時間の情報を渡して給与計算ができるようにすることで作業の効率化も可能です。

勤怠管理システムは個人別に就労時間の情報があります。


部門や組織ごとに集計して人件費として適切か確認することも可能です。